未分類 

TC(トリートメントコーディネーター)が医院のファンを増やす!歯科助手が主役になる時代が到来?

歯科助手が単なるアシスタントでしかなかったのは、昔の話。今では、月に1000万円以上もの自費診療を受注する歯科助手がいます。

そんなことができる理由は、歯科助手がTC(トリートメントコーディネーター)のスキルを獲得したから。歯科医院の中で、歯科医や衛生士のように医療に関わる国家資格をもたない唯一の存在だからこそ、できることがあるのです。

今回は、医院の運営に歯科助手をうまく活かす「トリートメントコーディネーター」育成についてのお話です。

実は多い!歯科医に話しにくい悩みを抱える患者さん

患者さんが歯科医院に来る時、何らかの主訴を持って訪れますが、「ここが気になるから、こんな治療をしてほしい」などと的確に伝えられる人は、そんなに多くはありません。

むし歯の痛みを抑えて欲しいという要望なら解りやすいかもしれませんが、審美治療などの自費診療になると、問診の難易度が上がります。

多くの患者さんは心の中で、「口元をキレイにしたい」「この部分だけ、何とかならないかな…」といった悩みや理想を抱えているのですが、うまく言葉にできません。

また、歯の治療に強い興味があっても「矯正治療って高そうだから手が届かない」「ホワイトニングってセルフだと安いのに歯医者でやる必要ある?」といった、そもそも歯科医に直接言いにくい疑問を持っている人も多いので、それを解消しないことには自費診療の受注には至りません。

中には、「歯医者さんは怖い」という思い込みがあって、先生を前にすると心の内を話せなくなる患者さんも居ます。
また、医療のプロフェッショナルである歯科医や衛生士にも、自費診療の方が患者さんが望む結果につながるとわかっていても、「なんだか営業しているようで勧めにくい」「どう伝えれば良さを理解してもらえるのか迷うし、時間がかかる」と迷ってしまうケースもあるのではないでしょうか?

患者さんのお悩み全般を請け負う!頼れる歯科助手(TC)

そんな時、歯科医や衛生士に代わって患者さんに寄り添い、患者さんに伝わりやすい言葉で的確にカウンセリングできる歯科助手が居ればどうでしょう?

有資格者は治療に専念することができますし、その時間を自らのスキルを高めるために使えます。医院にとっても、たいへん有意義といえます。

TC(トリートメントコーディネーター)のスキルを獲得した歯科助手は、歯科医・衛生士と患者さんとの架け橋になる存在。患者さんの悩みを引き出し、具体的にどのように治療すれば改善できるかを提案し、支払い方法の計画まで行います。

TC(トリートメントコーディネーター)が頼られている歯科医院では、TCの活躍で自費診療の受注が増え、そのTCにファン患者さんがついて、治療後も予防やメンテナンスに通い続けてくれるという理想的な医院運営が成り立っています。

院長の頼れるブレーンとして活躍する歯科助手も!

歯科助手の仕事の幅は大きく広がりを見せ、今では医院の幹部として活躍する人も増えつつあります。院長だけが抱えてしまいがちなスタッフのマネジメントに関する悩みも、一緒に分け合って医院を良くしていくことができるので頼りになる存在です。

TC(トリートメントコーディネーター)は、ご存知の通り、資格がなくてもできる業務ではありますが、TCが活躍する歯科医院では、医院が資格取得の補助制度を用意しています。

そうすることで、TC自身のモチベーションが上がり、日々の診療に良い形で還元されています。

歯科助手を医院運営に上手く生かすために、貴院でもTC(トリートメントコーディネーター)の育成に力を入れてみませんか?