SEO対策 

歯科医院でのブログ執筆(ネタ)におけるSEO対策|キーワード選定編①

皆さん、お疲れ様でございます。
こたつでみかんを食べる季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
本日も、微力ながらもお力になれたらと思い、ブログ執筆における豆知識をお届けします。

今回お届けする豆知識は、「キーワード選定の方法」です。

毎日仕事で疲れている中、一生懸命ブログを執筆したのにアクセスされないと意味がないですし、モチベーションも下がってしまいますよね…。
しかし、キーワードを意識することで、検索エンジンに引っかかり易くなり閲覧数の上昇に繋がります。
つまり、皆さんのブログ執筆が骨折り損のくたびれ儲けになることを防ぎ、SEO対策にもつながっているんです。
それでは、早速「キーワード選定の方法」を順序立ててご紹介していきたいと思います!

1. ターゲットとなる検索市場を決める

検索市場とは、ユーザーがそのサービスを聞いて最初に浮かんでくるキーワードのことです。
選定にあたっては、

  1. 検索数が一番多い
  2. 単体キーワードなどのシンプルさ

を大事にするといいですね。

2. ツールを使用し、キーワード候補を調べる

検索市場を決定したら、ツールを使用しキーワード候補を調べていきましょう。
それでは、下記にキーワード候補を調べるのに便利なツールを3つご紹介していきますね。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Google広告を利用するユーザー向けのサービスです。アカウントの取得は無料で広告出稿に関係なく利用することができます。
このツールでは、関連キーワードはもちろん、キーワードの「月間検索数」や「競合の多さ」「入札単価」等を調べることができ、多くの方が使用しています。

2016年より、広告費をかけて実際に“Google広告”を利用していない方は、表示されるキーワードの検索ボリュームが「1~100、100~1000、1000~1万」といった、あいまいな範囲での表示となってしまいましたが、参考になることは間違いありません。

goodkeyword

goodkeywordはGoogleやBingなどで検索されている関連キーワードを表示するためのツールです。

関連キーワードとは、いわゆるサジェストキーワードのことです。
検索エンジンでキーワードを入力すると、関連キーワードの候補が表示されます。
これがサジェストキーワードであり、それぞれの検索エンジンごとに異なっています。そのキーワードを入力したユーザーが他にどういうキーワードで入力しているのかデータを分析して候補が表示される仕組みです。

そのため、サジェストキーワードをチェックすると、どんなキーワードに需要があるのかわかります。
SEO対策だけではなく、検索エンジンマーケティングやアフィリエイト、ネットショップ、企業サイトの運営などにも活用されています。
こちらは、無料で使用できる点も魅力的です。

Google Search Console

Google Search Console

こちらのツールは、自社サイトにどのようなキーワードにてユーザーが流入してくるのかを判別してくれます。

つまり、ユーザーが何を知りたがっているか?を知るのに便利で、ユーザーにとって有益なコンテンツを把握することに非常に便利です。
そして、こちらも無料で使用することができます。

3. 競合性・検索ボリュームを考慮

最後は、競合性や検索ボリュームを考慮し、キーワードを選定しましょう。

「ユーザーニーズ」「自社の強み」「検索ボリューム」この3つの条件を踏まえた上で選定するといいですね。

実際に調べてみた

それでは、実際にgoodkeywordを用いて「歯科医院」でキーワードを調べてみたいと思います。

やはり、ユーザーの方はコロナに関する話題に興味があるみたいですね。

また、3番目に「歯科医院 英語」とある為、英語に対応している歯科医院をユーザーは求めているのかもしれません。

「口コミ」も検索されているので、やはりユーザーの信頼感をアップさせる為にも口コミをブログに掲載してみることも良いかもしれませんね。

まとめ

ブログを執筆するに当たって、何となくキーワード選定に対して、「大変そう」「難しそう」と言ったマイナスなイメージがあった方も多いと思います。

しかし、上記にも記載したように皆さんのキーワード選定に頼りになるであろう便利なツールがたくさんあります。

便利ツールを是非利用し、これからのブログ更新に役立ててもらえると嬉しいです。
今日紹介した以外にも、有料にはなりますが、SEO対策に繋がる便利なツールもまだまだありますので是非調べてみて下さい。